FC2ブログ
報道クライマックス
検索フォーム

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
相互リンク集

 ┣ 気まぐれ適当NEWS
 ┣ ニュース一番
 ┣ 速報配信情報ブログ
 ┣ 話題NEWS厳選配信
 ┣ 注目ニュース最新
 ┣ ウェブ通信
 ┣ ブログ通信
 ┣ 知っトコ情報
 ┣ 速報ピックアップ
 ┣ 日本経済WEB
 ┣ 世界のエンタメ
 ┣ THE・ハイライト
 ┣ 注目してみた。
 ┣ 気になってみた。
 ┣ 気まぐれブログ
 ┣ 話題ニュース
 ┣ 知ってるコレ。
 ┣ ちょっと聞いてよ。
 ┣ お役立つ情報満載ブログ
 ┣ コレでなっとく情報Blog
 ┣ ネット知るNEWSブログ
 ┣ 暮らし豊か通信は増刊号
 ┣ 社会通信情報ブログ
 ┣ 経済情報NEWSブログ
 ┣ お得NEWSブログ
 ┣ NEWS情報最前線
 ┣ ニュースWEB
 ┣ ニュース配信ブログ
 ┣ エキサイトNEWS
 ┣ ガチンコNEWS
 ┣ NEWSマックス24
 ┣ NEWSプラスα
 ┣ オンラインNEWS情報サイト
 ┣ 情報局ZERO
 ┣ REDLINE ニュースBLOG
 ┣ エンタメ情報満載
 ┣ 最新トピックス
 ┣ 速報deニュースブログ
 ┣ 知っとこネットワーク
 ┣ ニュース総合案内所
 ┣ NEWSキングダム
 ┣ 経済チャンネル
 ┣ NEWSサーチブログ
 ┣ 話題NEWS口コミ投稿
 ┣ リアルタイムニュース
 ┣ スポーツ関連情報ブログ
 ┣ 厳選ニュース捜索隊
 ┣ 最新注意報イエローページ
 ┣ 経済情報QQタイムズ
 ┣ 得々ブログ

相互リンク集2

 ┣ 現在NEWSブログ
 ┣ 報道ブログチャンネル
 ┣ 報道クライマックス
 ┣ 情報配信ブログ7
 ┣ 芸能NEWSブログ
 ┣ 芸能速報オンライン
 ┣ 月刊NEWSブログ
 ┣ 現代情報ブログ
 ┣ ニュースファイル
 ┣ 芸能ニュースブログ
 ┣ ニュースジャパン
 ┣ THE報道特集
 ┣ 明日があるのさ
 ┣ そう言えば聞いた。
 ┣ 個人的な価値観ブログ
 ┣ 信じられません。
 ┣ とても身近に思えない。
 ┣ 話題になった出来事
 ┣ バリュー情報通信
 ┣ レッドペーパー倶楽部
 ┣ 世の中の出来事通信
 ┣ 報道ブログマート
 ┣ サイドステーション
 ┣ 今月の気になる出来事
 ┣ 報道ブログハウス
 ┣ NEWSエアーライン
 ┣ ブログウォッチ24
 ┣ ニュース情報ネット
 ┣ 芸能ジャパン
 ┣ BlogNews
 ┣ いろいろ相談ブログ
 ┣ どうなんでしょコレ?
 ┣ こういう事かっ!
 ┣ 最近の身近な話
 ┣ どうでもよくない話
 ┣ 伝えきれない事実
 ┣ お悩み解決ブログっす
 ┣ 快活な生き方
 ┣ コチラお役立ち情報局
 ┣ ライフバイブル
 ┣ Its 暮らし特集ブログ
 ┣ 現代生活応援通信
 ┣ 暮らしステーション
 ┣ ラブリーライフクラブ
 ┣ 生活改善ブログ
 ┣ 庶民の暮らし応援
 ┣ リフレッシュ宣言ブログ
 ┣ 平凡的な市場
 ┣ 明日ご褒美
 ┣ 気になるあの子の豆知識

RSSリンクの表示
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラジルでの上位進出へザッケローニ監督の大胆な強化策が明らかになった。ポイントは、早ければアジア最終予選ヨルダン戦(3月26日・アンマン)でW杯出場を決めてから本番までの強化試合のマッチメークだ。日本サッカー協会関係者によれば、同監督は「これから(ブラジルW杯まで)の強化試合の相手は大学生相手でもいいくらい。なるべくなら強いチームとはやりたくない」との考えを持っているという。想定しているのはFIFAランク21位の日本より下位あるいは南アフリカW杯の1次リーグで敗退した国とみられる。すでに代表の一部関係者には伝えており、今後は格下相手に足場を固め、ブラジルW杯に臨む。10年南アフリカの岡田武史監督が09年9月にオランダと強化試合を行うなど、これまでの代表監督はW杯出場決定後、本番をにらんで直前に強豪国との対戦を望んできた。事前に強豪国と戦い、本番へシミュレーションとするのが定説だった。ザック・ジャパンも10年10月にはアルゼンチン、昨年は10月にフランス、ブラジルと連戦しフランスには初勝利。しかし、W杯直前は違う。強豪国との対戦を回避してW杯へアプローチする戦略を指揮官は抱いている。大きな狙いは2つある。1つ目は戦術理解を深めることだ。6日のラトビア戦でも明らかになったように現在の代表はメンバーが固まりつつある。この状況を踏まえ、今後、優先すべき課題は選手同士の戦術の浸透になる。相手が強ければボールを支配され、「攻める」サッカーは確立しにくい。格下であればボールを保持する時間も長く、日本の命綱のパスワークや動きを確認できる。2つ目は情報戦だ。前回の南アフリカでは、MF本田圭佑(26)=CSKAモスクワ=をFWで起用するなど岡田監督が予選とは全く違った守備的な戦い方を指示。相手が持つ事前情報と異なる戦い方がベスト16進出へと導いた。今回も強豪国と対戦して手の内を見せ警戒されるより、W杯まで隠しておいた方が得策との思惑もある。コンフェデレーションズ杯(6月・ブラジル)ではブラジル、イタリア、メキシコと同組に入った。W杯の決勝トーナメントで対戦するような相手とは、これで十分。世界との差をコンフェデ杯で見極め、格下相手との強化試合でチームを磨いてW杯へ。これが、ザックの描くブラジルへの道だ。
 

コムサ・デ・モードのスーツ
まぶたのたるみ解消法
ブルックス ブラザーズの店舗
海外旅行保険
レスポートサックのダイアン
 

// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。